大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

お電話でのお問い合わせはこちら 06-6354-5171 受付時間/平日:11時~20時 土日祝:10時~19時
  • TOP
  • はじめての方へ
  • 料金・メニュー
  • キャンペーン
  • 選ばれる理由
  • 脱毛方法について
  • よくある質問
  • お客様の声
  • 店舗一覧
  • 採用情報
  • 予約フォーム
  • 会員ページ

脱毛に日焼けはNG!正しい日焼け止めのつけ方と塗り直しのコツ

2019.08.09

兵庫にお住まいのみなさま、こんにちは!尼崎つかしん店のスタッフです(^^♪
8月に入って猛暑が続き、高温注意情報が出るほどの暑さで日差しもかなり強くなっていますね。何も塗らずに直射日光を浴びてしまうと、腫れや痛みが生じることも!

この時期の紫外線対策は必須です!!!

なぜなら、紫外線はシミ・シワ・タルミの原因になるのはもちろん、サロンでの脱毛期間中の脱毛効果を下げてしまうからです。

水着で日焼け止め

日焼けしていると脱毛できない理由

日焼けをしていると脱毛ができない理由は、次の3つのリスクが伴うからです。

①脱毛効果が減る
②脱毛施術の痛みが強くなる
③肌トラブルにつながる

これらのリスクが伴う理由は、光脱毛(レザー脱毛など光を照射する全ての脱毛)の仕組みそのものにあります。では、光脱毛の仕組みを簡単に説明し、なぜ脱毛期間中に日焼けがNGなのか、その理由をお話しします。

▷脱毛のメカニズム

「毛の工場は熱に弱い」という性質があります。そして、「光は黒いものに吸収されて熱に変わる」という性質があります。成長期の毛はメラニン色素(黒色)が強く毛の工場に密着しているので、ここに光を照射すると毛の工場に影響を与えて毛の成長を抑制することができます。

▷日焼けをするとなぜ脱毛できないの?

肌メラニンが少なくお肌が白いと、毛の工場に効率よく光が吸収されるので高い脱毛効果が発揮できます。しかし、日焼けして肌メラニンが多いと、脱毛施術で照射される光が肌に吸収されてしまいます。このことが先に挙げた3つのリスクを引き起こします。

①脱毛効果が減る

日焼けをしていると、脱毛機から照射される特殊な光が肌メラニンに反応してしまいます。その分だけ毛の工場に届く光のパワーが弱くなってしまい、脱毛効果が減ってしまいます。

②脱毛施術の痛みが強くなる

日焼けをしていると、脱毛機から照射される特殊な光が肌メラニンに反応しまいます。肌メラニンに吸収された光が熱エネルギーに変わり、それが強い痛みとして感じやすくなってしまいます。

③肌トラブルにつながる

日焼けは軽いやけどと同じ状態です。また、とても乾燥している状態です。このような肌に脱毛施術をしてしまうと、乾燥を促し、色素沈着やシミができる可能性もあります。

こうしたリスクがあるので、強い日焼けをしていると脱毛施術をお断りしています。脱毛期間中は日焼けをしないように紫外線対策を心がけましょう!

正しい日焼け止めの塗り方と塗り直しのコツ

今日は正しい日焼け止めの塗り方を伝授しますね。

顔への日焼け止めの塗り方

量は必ず説明書にある使用量をすき間なく均一に塗ることが大切です。

  1. 適量を顔の5か所(両頬、額、鼻、あご)に置きます。クリームタイプならパール粒1個分、液状タイプなら1円硬貨1個分が目安。
  2. 指全体を使って、丁寧になじませた後、もう一度同じ量を重ね塗りします。

日焼け止めの塗り方(顔)

顔の日焼け止めを塗る順番

基本的には、化粧水→日焼け止め→化粧下地→ファンデーションの順番です。
スプレータイプのものであれば、メイクの上からでも塗布できるものもあるので、その場合は最後に塗布しましょう。

体への日焼け止めの塗り方

塗る範囲が広い分、塗りムラが起きやすいので注意!

  1. 日焼け止めを容器から直接、肌の上に直線状に出します。普段お使いの量より多めに感じるかもしれませんが、これくらいは必要なんです!
  2. 手のひらでらせんを描くように均一にムラなく伸ばします。

日焼け止めの塗り方(腕)

日焼け止めの塗り忘れしやすい場所は?

顔では、髪の生え際、眉間、耳、小鼻、フェイスライン、首、うなじなど。

体では、足の指、肩、手の甲、デコルテ、膝、膝の裏など。

でっぱっている所は特に日焼けしやすいので、塗り忘れは禁物ですよ!

日焼け止めの塗り直しのコツ

日焼け止めは汗をかいたり、服でこすれたり、ハンカチで拭いたりすることで落ちてしまいます。2,3時間おきに塗り直しすることをおすすめします。

体や首元などメイクのしていない部分については、最初に塗るのと同様でいいでしょう。

問題は、お顔です。メイクの上から塗り直すのってどうすればいいの?って思いますよね。いちいちファンデーションを落として塗り直すのは大変です!

そこでおススメはスプレータイプの日焼け止め。これなら、メイクの上からでも楽に塗り直しできます。

乳液タイプの日焼け止めの場合は、次のように塗り直しましょう。

  1. 顔の皮脂や汗をティッシュで軽くぽんぽんと押さえるようにふき取る
  2. 日焼け止めを手に取り、両手にしっかりとなじませてから手の平で包み込むように日焼け止めをのせ、軽く押さえてなじませる
  3. パウダリーファンデーションなどで、てかりが気になる部分をカバーする

こうすることで、メイクを崩さずに塗り直しすることができます。一度、お試しください!

敏感肌さんの日焼け止めの選ぶポイント

紫外線による肌へのダメージを防ぐのは大事だけど、敏感肌さんは日焼け止めを塗ることでかえって肌に負担がかかってしまうリスクがあります。

そこで、敏感肌さんが日焼け止めを選ぶ時のポイントをご紹介します。

①SPF30、PA++で十分効果あり

日焼け止めのパッケージを見ると、必ずSPF、PAといった表示があります。これは、紫外線カットの効果の強さを表したものです。

地上に届く紫外線は、UVAとUVBの2つの波長の違うものがあり、それぞれ、肌に与えるダメージが違います。UVAは肌の奥の真皮層にまで侵入し、ハリや弾力を失わせて光老化を引き起こすものです。UVBは肌への作用が強く、短時間で炎症やシミをつくります。

UVAとUVB

それぞれ、SPF(Sun Protection Factor)はUVBを防ぐ指標、PA(Protection Grade of UVA)はUVAを防ぐ指標で、後ろにつく数値や、+の数が大きくなるほど効果が高いことを表します。

しかし、効果の高いものは肌への負担も大きくなるので、敏感肌さんには不向き。海や山のレジャーで一日中紫外線を浴びる場合はともかく、日常生活での紫外線予防であれば、SPF30、PA++くらいでも十分紫外線を防ぐことができます。

日焼け止めの種類

②肌に負担の少ない紫外線吸収剤不使用のものを

日焼け止めには、「紫外線吸収剤」を使ったタイプと「紫外線散乱剤」を使ったタイプの2種類あります。

紫外線吸収剤は、肌に受けた紫外線を吸収して化学変化を起こし、熱などのエネルギーに変えて紫外線を放出します。肌の上で化学反応を起こすため、肌への負担が大変大きく、肌が赤くなったり、痒くなったりといったアレルギー反応が起きるリスクが高いので、敏感肌さんには不向きです。

主な紫外線吸収剤の成分は、パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル、パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル、オキシベンゾンなど。

紫外線散乱剤は、肌に受けた紫外線を散乱・反射させることで紫外線による肌へのダメージを防ぎます。肌への負担が少ないので、敏感肌さんにオススメです。「紫外線吸収剤不使用」とか「ノンケミカル」という表示があると紫外線散乱剤を使ったタイプの日焼け止めです。

主な紫外線散乱剤の成分は、酸化チタン、酸化亜鉛です。

③刺激が少ないミルクかクリームタイプを!

最近は、塗りやすさ重視で、ジェルタイプやスプレータイプなどの日焼け止めが主流ですが、それらの日焼け止めはほとんどが紫外線吸収剤タイプです。

ミルクタイプやクリームタイプは紫外線吸収剤を使っていないものが多いので、敏感肌さんはこのタイプを選ぶようにしましょう。

④日焼け止めの落としやすさも重要!

汗で落ちにくいことが売りのウォータープルーフタイプは、オフするときもさっと洗い流すだけでは落としきれない場合が多いです。クレンジングで洗ったり、落としきれていない場合は、逆に肌への負担になります。

クレンジングの要らない、洗顔料や石けん、お湯だけで洗い流せるタイプなら、肌へのダメージも防げるし、手間も省けます。ですが、簡単に落とせる=汗などで落ちやすいということなので、塗り直しは頻繁におこないましょう。

エステタイムの全身脱毛でAlways Happy!

今なら、顔VIO含む全身脱毛67か所が1年間500円で通える年間プレミアムパスポートキャンペーンを実施しています。

201903CP

他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。

尼崎塚口エリアで脱毛をお考えの方、ぜひこの機会にご利用ください!

エステタイム尼崎つかしん店は、阪急伊丹線「稲野」より4分、JR宝塚線「猪名寺」駅より5分のグンゼタウンセンターつかしん ひがしまち南館2Fにございます。
まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪

超高速全身脱毛
顔まるごと脱毛
VIOまるごと脱毛
採用情報はこちらから

お客様をキレイに、自分もキレイに。一生ものの技術を習得できるお仕事です。