大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

あなどれません!梅雨の紫外線

2018.06.13

皆さんこんにちは!寝屋川店のスタッフです(^^)

梅雨に入って毎日うっとうしい天気が続きますね。
今年は去年より2週間も早く梅雨入りしました。雨の量も今年は例年より多く、気温は高くなるそうなので注意が必要です!
どんより曇った日が多い梅雨の季節、「曇っているから大丈夫」って紫外線対策をしてないってことはありませんか?

梅雨の晴れ間

6月の紫外線量ってどれくらい?

実は気象庁の観測データによると6月は、7~8月に次ぐ強い紫外線が降り注いでいる月なのだそうです。6月は夏至を迎えるため、紫外線自体も最も強い月なんです。
それに、曇りの日でも、晴れの日の60~80%、雨の日でも約30%ほどの紫外線量が降り注いでいると言われています。
梅雨の時期は天気がコロコロ変わるもの。突然、雲の間から太陽の光が差し込む時もあります。そんなときに、何も紫外線対策のしていない無防備な肌が強烈な紫外線を浴びると、、、!肌のダメージは相当なものです!

 

梅雨を乗り切るための6月のスキンケア

① お肌を清潔に!

6月は高温多湿で汗をかきやすい季節。梅雨時期は細菌、カビが繁殖しやすくなって、お肌にも付着するリスクも!!!
また、温度、湿度が高いと、寝えている間も皮脂がたくさん分泌されます。
だから、最優先すべきは、洗顔で皮脂や汚れをしっかり落とすこと!朝晩2回きちんと洗顔料で洗いましょう。
でも、洗いすぎ、落としすぎは乾燥肌、インナードライ肌になってしまいますの注意!しっかり泡立てて、やさしく泡で洗いましょう。

② 油取り紙は使いすぎない

6月は昼間のテカリが気になりますよね。
でも、油取り紙の使い過ぎはかえって、皮脂分泌をまねきます。使うときは、Tゾーンのみにしておきましょう。

③ 紫外線対策

6月の快晴は強烈な紫外線レベル。
日焼け止めは必須アイテムです。
とはいえ、日焼け止めの成分、紫外線吸収剤はお肌に刺激が強いので、雨の日や日常生活ではSPF15、PA+程度が適切です。
塗る量は薄すぎると効果がないので、指示された使用量を守りましょう。また、2時間ごとの塗り直しが理想的です。
また、日焼け止めだけに頼らず、日傘、帽子、サングラスなども一緒に使って対策しましょう。

日焼け対策

④ 保湿も大切

外気の乾燥は心配ない季節ですが、室内は冷房で乾燥しています。また、紫外線を浴びることは乾燥につながります。保湿は年がら年中手を抜かないようにしましょう。

脱毛には美白と保湿は不可欠

光脱毛のしくみは、毛のメラニンに反応する光を使って、光が毛に吸収されることで生じる熱エネルギーで、毛の工場である毛乳頭の活動を止めることで脱毛します。
美白ケアすると、肌のメラニンに脱毛パワーが吸収されにくくなり、毛だけに反応しやすくなります。
また、保湿ケアで潤った肌は、光が浸透しやすく毛根にパワーが届きやすくなるのです。
2つのケアをしっかりすれば、脱毛効果を高めることができ、仕上がりもキレイに♪
しっかりお肌のケアをして梅雨を乗り切りましょう(*^^*)/

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!