大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

脱毛効果を上げるためにカラダの中からも美白を目指しましょう♪

2018.06.04

こんにちは! りんくう泉南店スタッフです(^^)/

突然ですが、脱毛の効果を高めるのに重要なポイントをご存知ですか?
それは「美白」と「保湿」です。
これから紫外線が容赦なく降り注ぐ季節です。
「美白」はとっても難しい。。。
日焼け止めはちゃんと使っているけど、それだけでは物足りない!
そう感じられているあなた、「美白」はカラダの外側だけでなく、内側からケアすることもできるんです。
今回は美白効果のある食べ物をご紹介します♪

顔に手を当てる女性

ビタミンCを含むもの

ビタミンCはシミ、そばかすを作るメラニンのもと「チロシナーゼ」の働きを抑えメラニンの生成を抑える働きと、できてしまったメラニンを還元作用で無色にする働きがあります。つまり、シミをできにくくする効果と今あるシミを薄くする効果をあわせもっている成分なのです!
ビタミンCは、柑橘類、いちご、キウイ、アセロラ、赤ピーマン、パセリ、ゴーヤといった果物や野菜に多く含まれています。
ビタミンCは熱に弱く、水に流れやすい性格があるので、生で食べることがおススメ。
また、柑橘類は食べた後紫外線を浴びると、シミや色素沈着を引き起こす場合があるので、夜に摂るのがいいでしょう。

鉄分を含むもの

シミは紫外線によって体内に発生する活性酸素の影響を受けてできるもの。その活性酸素を除去する酵素「カタラーゼ」をつくるのに必要な成分が鉄分なのです。体内で「カタラーゼ」が十分生成されれば、一度できたシミやくすみを消すことだって可能に!
鉄分は、豚、鶏レバー、牛赤身肉、マグロ、あさり、赤貝などに多く含まれています。
鉄と言えば、ほうれん草、小松菜、プルーンというイメージがあるかと思いますが、吸収率が低かったり、排出されやすので不向きです。

ビタミンEを含むもの

ビタミンEは「若返りビタミン」といわれています。活性酸素を除去する働き、さらには、血行を良くすることから、皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進してくれます。また、抗酸化作用、皮膚の皮脂酸化を予防し、外部の刺激から肌を守るバリア機能を正常にする働きがあります。
ビタミンEは、ナッツ類、アボカド、南瓜、いくら、たらこ、グレープシードオイルなどに多く含まれています。
ただし、摂りすぎも良くないので、女性の場合は1日6.5mgが目安です。
また、ビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があります。

リコピンを含むもの

トマトなどの赤い色素成分「リコピン」。ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑え、シミ、しわから肌を守ってくれます。
リコピンは、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツ、柿、金時ニンジンなどに多く含まれています。
1日に必要なリコピン量は15mg以上。
これは、トマトならLサイズ2個分、ミニトマトなら15~17個にあたります。

ビタミン、リコピン

逆に、カフェインやアルコールは美白効果を妨げてしまう作用があるので摂りすぎには注意!
日焼け止めはもちろん、美白に効果のある栄養素を毎日積極的に摂り入れて、シミのない美白肌を目指しましょう!

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!