端午の節句ってなに? | 店舗ブログ | 大阪を中心に人気No.1の脱毛サロン【エステタイム】

大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

端午の節句ってなに?

2018.04.28

こんにちは!枚方店スタッフです(^^)/

はじまりました、ゴールデンウィーク!みなさんいかがお過ごしでしょうか?ゴールデンウィークの中盤は残念ながらあいにくのお天気みたいです。でも後半は回復していいお天気になりそうですよ!

こどもの日=端午の節句です

5月5日はこどもの日です

こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」のが本来の趣旨だそうで、1948年に制定された国民の祝日です。

もともとは『端午の節句』といって、男の子をお祝いする日。でも、こどもの日になってからは男の子だけでなく、子供たちみんなをお祝いする日になったんだって。

端午の節句

『端午の節句』って何?

端午の節句は季節の節目を祝う日本の伝統的な式日である五節句の一つで、中国起源の日本では奈良時代から伝わる風習です。

さいしょは、5月5日じゃなくて月の始めの午の日のことだったそう。それが、午が五になって毎月5日をさすようになり、さらに5が重なる5月5日になったようです。5月は物忌みの季節なので、そのころは病気や災いをさけるための行事だったそう。

男の子を祝う行事になったのは江戸時代。幕府が公的な行事として定め、そこから庶民に普及しはじめました。

『端午の節句』に食べる料理は?

『桃の節句』であるひなまつりにはちらし寿司が定番ですが、『端午の節句』では柏餅、ちまき以外の行事食はあまり知られてませんよね。

実は、特別な風習はないようです。縁起がいいとされているものならOKです!

たとえば、、、、

ぶり → 「出世魚」とよばれるから

カツオ → 「勝男」とかけて

たけのこ → 「まっすぐ伸びる」という特徴から

ほかにも、鯛、エビ、赤飯などでもいいみたいですよ♪

 

お客様のお声のご紹介です

枚方店に全身脱毛でお通いのお客様に嬉しいお言葉を頂きましたので、ご紹介いたします♪

枚方アンケート1

「冬になるとウデや足がカサカサになったり、かゆみが出たりしてましたけど、脱毛を始めて体毛の処理が減ったので、かゆみに悩むことはなくなりました。」

嬉しいご報告をありがとうございます。

かみそりなどでのムダ毛処理はお肌の乾燥をまねきます。乾燥すれば、お肌はかゆみがでたりします。脱毛で毛が減ってくれば、自己処理の回数も減りますので、お肌トラブルも解消されます!

さらに、エステタイムの脱毛機はコラーゲンにアプローチするトリートメント効果が備わっているので、毛穴も引き締まり、ツルツルもちもちのお肌になっていきます。がんばりましょうね♪