大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

柏餅とちまき、どっちが好き?

2018.04.28

こんにちは♪北大路店スタッフです(^^)♪

はじまりました、ゴールデンウィーク!2日、3日は残念なことに雨のようです。後半はまた晴れそうですよ!

端午の節句にはちまきや柏餅を食べるのはどうして?

5月5日はこどもの日。

男の子のいる家ではこいのぼりをかざり、柏餅やちまきを食べる風習がありますよね。みなさんは柏餅とちまき、どちらを食べますか?

では、どうして柏餅やちまきを食べるんでしょうか?

ちまき

ちまきの由来

端午の節句にちまきを食べることは中国から伝わりました。

5月5日に川に身を投げて死んだ昔の中国の政治家、屈原の弔いのために、毎年米を詰めた竹筒を川に投げ込むようになったところからきているそうです。その竹筒がちまきに変わるのは次の逸話からです。

屈原の幽霊が川のほとりに立ち、「供え物を捧げてくれるのはありがたいが、悪龍に盗られてしまう。今度からは、龍が苦手なレンジュの葉で餅を包み、邪気を払う五色の糸でしばってほしい」と里の人にたのんだという逸話です。

このレンジュの葉で包んだ餅がちまきの始まりです。

『ちまき』という名前は、その昔「茅(ちがや)」の葉で包んでいたところからきています。そのころは、「ちがやまき」と言われていましたが、「茅」は「ち」ともいうので『ちまき』という名前が定着したんだそうです。

柏餅の由来

柏餅は日本独特のものです。江戸時代の頃に生まれました。

柏の葉は、新芽が出てからしか古い葉が落ちないところから「子供が生まれるまで親は死なない」さらには「子孫繁栄」という縁起のいい食べ物として食べられるようになったそうです。

ちまきと柏餅の地域性

日本の中心が京にあった時代に伝わったちまきは関西で、江戸に移ってから広まったのが柏餅なので関東で多く食べられてるようですよ。

 

お友達キャンペーン実施中♪

今エステタイムでは “お友達ご紹介キャンペーン”を実施中デス!

エステタイムにお友達をご紹介いただくと、、、

☆お友達には、、、→ご契約金額から最大10000円OFF!!!

☆ご紹介してくれたあなたには、、、→お友達の割引額と同額をキャッシュバック!!!

とてもお得なので、夏に向けて脱毛デビューしたい方がいらっしゃったら、ぜひご紹介くださいませ♪

友達

エステタイムは創業1977年の全身スピード脱毛専門サロン。

ジェルのいらない最新のマシンを導入。アイシングシステムを搭載しているので、痛くないのに高い脱毛効果を実現!

業界トップクラスの驚異的なスピードでの施術が可能に!

全ての女性を美しくをモットーに気軽に、安心して、キレイな素肌を手に入れるサロンをめざしています。

肌の黒ずみ、毛穴、剛毛、敏感肌、乾燥肌、痛みに対する不安など
ムダ毛でお悩みの方はエステタイムへ是非お任せください^^/

エステタイムは、脱毛で女性の美をサポートします。
今なら顔・VIO含む67ヵ所の全身脱毛が16ヵ月間0円お試しキャンペーンもやってま〜す!