大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

傷があっても脱毛できる??脱毛に関する疑問を解決します

2019.01.21

大阪なんばエリアのみなさま、こんにちは!なんば店のスタッフです(^^)

今回は、よくある質問の中から“傷があっても脱毛できるの?”という質問にお答えいたします。

ケガ、傷がある時、脱毛できる?

ケガや傷がある部分の脱毛の施術はできません。光脱毛は肌への負担が少ない脱毛ですが、無理に脱毛すると肌に負担がかかるので、傷の治りが遅くなったり、色素沈着を起こす恐れがあります。できれば、傷の部分だけでなく、傷周辺の脱毛は避けたほうがよいでしょう。

ですが、どうしても脱毛がしたい場合には、傷口を保護するシールを貼って施術をすることは可能です。

やはり、一番良いのは、ケガや傷が完全に治ってから脱毛の施術をすることです。

腕に傷

手術痕の脱毛はできるの?

これは特に多い質問です。今は出産経験者の5人に1人は帝王切開で出産をされている時代ですので、帝王切開の手術痕のあるお客様も多数いらっしゃいます。

手術痕はVラインの範囲内にあるので、Vライン脱毛を希望されるお客様はキレイに脱毛ができるのか心配になるのももっともだと思います。

残念ながら、帝王切開の手術痕に限らず、あらゆる傷痕の上は脱毛ができません。傷痕などの色素沈着は、脱毛の光が反応してしまい、やけどになる恐れがあります。特に手術痕の場合は通常の傷よりも傷が深いので脱毛は避けるべきでしょう。

ただ、手術痕には毛が生えなくなることが多いので、手術痕は保護シールでカバーしてその周りを脱毛すれば、キレイに脱毛ができますよ。

妊娠中のおなか

傷や傷痕はスタッフにご相談を!

傷ができてしまって脱毛の施術時に完治していない場合は、ご自分で判断なさらずスタッフにご相談ください。これくらいなら大丈夫だろうと思ってご来店されたとしても、施術できずにお帰りいただくこともございます。予約日の前日15:00までにご連絡くだされば、ご予約の変更もさせていただけます。

また、手術痕などの傷痕がある場合はカウンセリング時にご相談ください。カウンセラーが傷痕を見させていただきまして、脱毛の施術ができないかどうか判断させていただきます。

脱毛中は虫さされにも注意!

冬の季節は大丈夫ですが、夏になると蚊に刺されることが多くなります。無防備に虫除けもせず、山へレジャーに行ったりしたら、もう大変!露出している部分がいっぱい蚊に刺され、赤い斑点に!中には、膝下全体が腫れ上がってしまった方や掻きむしって傷だらけというお客様も過去にいらっしゃいました。

残念ながら、そういう場合は脱毛はお休みしていただいて、炎症がおさまってから脱毛していただくことになります。

脱毛中は、傷をつくらないよう心掛けてくださいね♪

虫さされ

エステタイムの全身脱毛でAlways Happy!

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。

全身脱毛cp

他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。
http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
大阪なんばエリアで脱毛をお考えの方、ぜひこの機会にご利用ください!

エステタイムPlusなんば店は、地下鉄「なんば駅」13番出口から徒歩1分、ヤシマ御堂筋ビルの11階にございます。まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪