二重アゴの原因はスマホ?使い方次第で肌荒れも!? | 店舗ブログ | 大阪を中心に人気No.1の脱毛サロン【エステタイム】

大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

二重アゴの原因はスマホ?使い方次第で肌荒れも!?

2018.07.31

こんにちは!寝屋川店のスタッフです☆

今日、通勤の電車の車内でふと周りを見渡してみると、ほとんどの人がスマホをいじっていました。という私もそのうちの一人ですけど、、、。いつの間にか、暇つぶしにスマホをいじる習慣がついてしまっています。

実はこのスマホいじり、首にかなりの負担がかかっています。その首への負担からお肌にも影響があることをご存知でしょうか?

電車でスマホ

スマホの使いすぎからくる不調

首こり

スマホの画面を見ているときは、下を向いていることがほとんど。腕を高くして持つことは少ないため、どうしても頭が下がってしまい首に負担がかかります。首こりは筋肉の硬直で血行不良を引き起こして、脳に酸素が行き渡りにくくなり、頭痛めまい、さらには耳鳴り腕の痺れなどの症状が出てくると考えられます。

ストレートネック

「ストレートネック」とは、頚椎がまっすぐになってしまう症状。高すぎる枕の使用や、極端な猫背などが原因で緩やかに湾曲している首の骨が、ストレートネックになってしまうケースがあります。最近では、長時間スマホの画面を見ていることで、4〜5kgにも及ぶ頭の重さを正しく体で支えられず、首や肩、背中に大きく負担がかかってしまい、急激に首の骨の形が変わってしまうケースが増えているそうです。

ストレートネックの状態だと、血液の流れ道である血管と、気の流れ道である経路に負担がかかり、気血の巡りが悪くなります。その結果、肩こり・首こり冷えイライラ不眠など、様々な不調につながってしまうんです。

ストレートネック

スマホたるみ

スマホを触っている時の姿勢は、だいたいが猫背で首を前に突き出したポーズ。うつむき加減になった顔の全面の皮膚は重力にしたがって下に伸びてしまします。これが長時間続くことで頬やアゴ周りに重力が強くかかって、たるみができてしまうんです。

また、スマホの画面を見ているとき、瞬きの回数が極端に減っています。瞬きの回数が減ることで、目の周りの表情筋が弱ってしまうため、上まぶたや目の下のたるみが進行してしまうんです。疲れ目から血行が悪くなり、目元の皮膚が衰えてしまい、目元のたるみを引き起こすこともあります。

肌トラブルも!?

スマホを使う時の猫背の姿勢を長時間とっていると、体の中が圧迫されてしまい、リンパの流れや血流がとても悪くなります。血行が悪くなることで美しい肌を保つのに欠かせない栄養や酸素が隅々まで行き渡らなかったり、老廃物が蓄積されたりするため肌トラブルが起こりやすくなると言われています。

肌トラブル

スマホによる肌トラブルの予防

とにかく顔を下げない

スマホを目線まで上げて顔が下を向くのを防ぎましょう。

姿勢を意識する

普段から意識的に背筋を伸ばしましょう。ただし、背筋を伸ばし過ぎて腰をそらさないように。腰をそらせすぎると、腰猫背になってしまうので注意!
また、足を組むと姿勢が歪むので気を付けましょう。

顔の筋肉をほぐす

引き下げられて硬くなっている筋肉をほぐす口元のマッサージから始めましょう。

こまめに首をまわす体操を

1時間に1回は、首の体操をしましょう。肩のストレッチも効果的です。

首元や足元、目元をあたためる

全身の血行を促してあげるのも効果的です。

寝る前のスマホから肌荒れも!?

寝る直前のスマホは交感神経が刺激されてしまい、なかなか寝付けなくなります。眠りの質も悪くなるので、肌の新陳代謝が悪くなり、肌荒れにつながるのです。

また、交感神経には、男性ホルモンを活性化する作用があるため、皮脂分泌が増加し、角質層を厚くする作用があるので、毛穴がつまりやすく、ニキビなどの肌荒れを引き起こす原因にもなります。

スマホを利用するときは、お肌や健康のことを考えて、できるだけ姿勢にも意識して、使いすぎや使う時間にくれぐれも気をつけましょう。

 

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!
まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪