ゴーヤで夏バテ防止!美肌、美白も叶えましょう! | 店舗ブログ | 大阪を中心に人気No.1の脱毛サロン【エステタイム】

大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

ゴーヤで夏バテ防止!美肌、美白も叶えましょう!

2018.06.04

こんにちは! 橿原店スタッフです(°∀°*)♪

暑くなってくると、食欲がなくなって冷たいものばかり欲しくなったりしますよね。
今回は、食欲不振、夏バテの救世主である夏野菜「ゴーヤ」についてのお話です。

ゴーヤとは?

ゴーヤという名前は沖縄の方言で和名は「にがうり」や「ツルレイシ」といいます。沖縄では古くからの郷土料理ですが、全国的に普及したのは20年くらい前からです。私事ですが、20年ほど前にご近所さんからゴーヤを頂いたのですが、どう調理したらいいか分からず母が捨ててしまったことがあります。ごめんなさい!!その頃は今のようにスーパーで見かけたりしなかったんです。。。

ゴーヤ

ゴーヤの栄養と効能

独特の苦みで苦手な人も多いですが、実は栄養素の宝庫なんです。

苦み成分「モモルデシン」

20種類以上のアミノ酸から成る栄養成分。次の効果が期待できます。

  • 胃腸の状態を整え、食がすすむようになる
  • 傷ついた胃腸の粘膜を守る
  • 血糖値・血圧を下げる
  • 頭痛改善
  • 夏バテ改善
  • 抗酸化作用

ビタミンC

レモンの約3倍のビタミンCが含まれています。美白、美肌効果が期待できます。
しかも、ふつうビタミンCは熱に弱いのですが、ゴーヤのビタミンCは加熱してもほとんど減らないという特徴があります。ゴーヤチャンプルにして食べてもビタミンCは摂取できますよ!

鉄分

ほうれん草の約2~2.5倍の豊富な鉄分。
貧血予防に効果的。鉄分は活性酸素の除去や美肌効果もあります。ビタミンCと一緒に摂取するとより効果的に吸収することができます。

食物繊維

セロリの約30倍含まれています。
デトックス効果が期待でき、便秘解消にも効果あり。

カルシウム

牛乳の約14倍含まれています。
牛乳が飲めない人はゴーヤでカルシウムを摂りましょう。

カリウム

体内の塩分濃度を正常に保ち、水分量を調整してくれる働きがあります。
むくみ改善に効果あり。

低カロリー

しかも、ゴーヤは低カロリー100gで約17キロカロリー。
ダイエットにも向いています。

苦みを抑える調理方法

とはいえ、やっぱり苦みが苦手という方、工夫次第で苦みも気にならない調理方法もあります。でも、苦みを流しすぎると栄養も抜けてしまうので注意!

  • 塩もみ
    ワタとたねを取ってスライスしたあと塩もみ。水気が出たら洗い流します。
  • 下茹で
    塩もみした後、30秒くらい茹でて冷水にさらします。
  • 油を使った調理
    油によって苦みは感じにくくなります。さらに、油で栄養素の吸収力もアップします。

このようにゴーヤはカラダにもお肌にも良い食材なのです!!美白は脱毛には欠かせないもの。カラダの外側からだけでなく、内側からも美白ケアしていきましょう。暑い季節にもっとも栄養価が高くなるゴーヤ。皆さん今日のメニューにゴーヤを取り入れてみてはいかがでしょうか??

ゴーヤチャンプルー

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!