大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

どうにかしたい!「二の腕のブツブツ」、、、その正体と改善方法とは?

2018.08.17

こんにちは!寝屋川店のスタッフです★

女性の5人に1人が悩んでいるという「二の腕のブツブツ」。せっかく、ダイエットして二の腕を引き締めても、ブツブツのせいで腕を出せない人も少なくありません。
このブツブツって、いったい何もの?
今日は、この「二の腕のブツブツ」についてお話します。

気になる二の腕

「二の腕のブツブツ」の正体は?

主な原因は、「毛穴につまった古い角質」です。医学的には「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」や「毛孔性角化症」と呼ばれる皮膚疾患です。世間一般では「サメ肌」とよく呼ばれているものです。二の腕だけでなく、肩、背中、おしり、太ももなどにもできることもあります。人に感染することはありません。

早ければ5~6歳ごろから発症して、思春期に最も目立つようになるのが一般的で、その後、年齢とともに落ち着いてきて30歳以降には目立たなくなると言われています。しかし、何もケアせずに放っておくと、痕が残ったり、色素沈着を引き起こす原因にもなります。

 

どうして「ブツブツ肌」になるの?

皮膚は、約1か月周期で表面の角質が剥がれ落ち、新しい皮膚に生まれ変わります。これをターンオーバーといいます。

毛孔性苔癬では、何らかの原因でこのターンオーバーがうまくいかずに、古い角質が角栓となって毛穴に詰まり、皮膚の表面が盛り上がってブツブツ肌になってしまうのです。

その原因は、ほとんどが「遺伝性」で、他には、「ホルモンバランスの乱れ」「肥満」「乾燥」などが考えられます。

 

「ブツブツ肌」の改善方法は?

保湿する

肌が乾燥するとより角化が進んで悪化しやすくなります。入浴後の保湿はしっかりしましょう。

また、毛穴に詰まった角質を溶かし、皮膚を柔らかくすることで、角質が溜まりにくくなると言われていますので、角質を柔らかくする尿素や角質のつまりを抑えるビタミンA入りの市販薬も売っています。

肌ケア

代謝を高める

血行不良になるとターンオーバーが乱れやすく、「ブツブツ肌」を引き起こすことに繋がります。生活習慣にも気を付け、適度な運動、規則正しい食事、十分な睡眠を意識しましょう。また、お風呂に浸かることで、皮膚が柔らかくなり代謝も高まるので、シャワーだけで済ませず、じっくり湯船に浸かる習慣をつけることも大切です。

 

ブツブツをつぶさない

角質が溜まっているのなら、出してしまえばいいんじゃない?って思って、ブツブツを潰してしまったら、絶対にダメです!!!痕が残って、色素沈着してしまします。また、ゴシゴシこすれば取れると思いがちですが、大きな勘違い。逆に、つまりの原因になるので、やめましょう。

 

自己処理をやめて脱毛する!

肌がデコボコ状態なので、カミソリで自己処理すると肌を傷つけたり、カミソリ負けを起こしやすくなります。また、自己処理すると、乾燥しやすくなります。すぐに自己処理は止めましょう。

脱毛をすれば、自己処理によるダメージがなくなりますし、毛が抜け落ちて毛穴が引き締まるので角質は溜まりにくくなりますよ♪

自慢の二の腕

どんなケアをしても、効果が出始めるまで時間はかかります。途中であきらめず、根気よく続ければ、改善は期待できます!

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!
まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪