大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

人に言えないデリケートゾーンの黒ずみを改善するおススメ方法とは?

2018.08.12

こんにちは!橿原店のスタッフです(^^)/

人に言えないお悩みと言えば、「デリケートゾーン」のお悩み。他人のものをマジマジ見れる機会はないので、自分だけかも!?って思っている人も多いはず。特に、この季節、水着を着るためにVラインのムダ毛を処理して、「デリケートゾーンの黒ずみ」に気付くってことも!
でも、実は、デリケートゾーンはほとんどの人が黒ずんでいるんですよ!!!

とはいえ、やっぱり水着を着るとき、デートの時、できれば、黒ずみのないきれいなデリケートゾーンが理想ですよね。

今日は、そんなお悩みをお持ちの美意識の高い方に、デリケートゾーンの黒ずみの改善方法についてのお話です。

ビキニライン

デリケートゾーンの黒ずみの原因

摩擦・刺激

デリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄く、ダメージを受けやすく、黒ずみやすいんです。

  • 下着の擦れや圧迫
  • 股の擦れ
  • 陰毛の摩擦
  • ムダ毛処理時の刺激

摩擦や刺激がくりかえされることで、肌を守ろうとしてメラニンの生成が活発になり、黒ずみになります。

自己処理アイテム

出産・妊娠

妊娠時は、母体が出産に向けて、肌を守るためにメラニン生成を活発にするので、黒ずみが起こります。ターンオーバーも乱れるので、他の部位(乳首や乳輪など)も黒ずみが悪化したりします。

産後はターンオーバーも元に戻るので、黒ずみも徐々に薄くなっていきますが、デリケートゾーンだけは、出産時にダメージを受けているため、色素沈着が残りやすくなります。

妊婦さん

加齢

30代くらいからターンオーバーの周期が遅くなりはじめ、肌の再生が遅れるので、デリケートゾーンだけでなく、他の黒ずみも悪化していきます。

ターンオーバー(色素沈着)

デリケートゾーンの黒ずみの悪化を防ぐ方法

VIO脱毛する

黒ずみのいちばん大きい原因はムダ毛の自己処理の刺激。
VIO脱毛して自己処理をなくすだけでも、黒ずみが解消されることもあります。生涯、自己処理の手間が省けることや蒸れが解消されるといったメリットもございます。

下着を見直す

きつい下着やポリエステル製の下着は摩擦が起こりやすく、黒ずみができやすくなります。コットンやシルクの素材のものは柔らかく、肌への刺激が少ないのでおススメです。また、ゴムでの締め付けのないものを選びましょう。ボクサーパンツもおススメです。

保湿ケアをする

デリケートゾーンの皮膚は薄いので、水分を保持できず、乾燥しやすい状態です。乾燥するとバリア機能が低下するので、刺激を受けやすくなります。しっかり保湿することで、黒ずみしにくい肌になります。

美容液やクリームを、お風呂上がりと朝のお出かけ前に、こすらず押し込むように浸透させましょう。

黒ずみの改善にフォトトリートメント

一度、色素沈着すると、改善するには時間がかかります。エステタイムでは、黒ずみの改善にフォトトリートメントを導入しています。

お肌の悩みに合わせた美容効果のある7色の光を当てながら、美白美容液の成分を皮膚深部まで浸透させていきます。美白効果の高いビタミンCやEなど様々な有効成分が皮膚のバリアゾーンを越え直接細胞を活性化。自己治癒を高め、お肌に本来の透明感と潤いをもたらします。脱毛を一緒にすることで、脱毛効果もアップします。

少しでも早く改善したい方は一度、ご相談くださいませ。

プールで水着

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!
まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪