大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

放っておくとシミになる!虫刺され痕をキレイに治して美肌を保ちましょう♪

2018.07.27

こんにちは!つかしん店のスタッフです★

この季節、脱毛に来られるお客様の肌トラブルで多いものが虫刺され。アウトドアに行ったり、花火や夜のお祭りなんかに行ったときは要注意です!あまりにも暑すぎると活動できない虫たちも夜は少し涼しくなるので、油断するとあちこちいっぱい刺されてしまします。

残念ながら、虫刺されは炎症を起こして腫れている場合はもちろん、赤く痕が残っている場合もその箇所は脱毛の光を当てることができません。

それに気を付けないと虫刺されをそのまま放っておくとシミになってしまうんですよ!!

虫刺され

虫刺されあとは消えにくい

虫刺され痕が残る原因は虫刺されそのものではなく、刺された後に掻いて傷ができ、そこから二次的な細菌感染や炎症を起こすことによるものが多いんです。しかも、それを放置しておくとその周囲に広範囲に痕が広がってしまう場合も!
また、掻かなかった場合でも虫刺されが炎症をおこす場合もあります。

そのまま何年も痕が残ったまま、シミ(炎症性色素沈着)になってしまうケースもあるんですよ。

虫刺され痕を残さないために

痒みをおさえて掻かないようにしましょう。

患部を洗う

アルカリ性の石けんで洗うと患部が中和され、痒みがおさえられるそうです。

冷やす

痒みをおさえるには冷やすことが効果的。血管が収縮して痒みがおさまります。

温める

逆に、熱いくらいの温度で温めると蚊の唾液に含まれるたんぱく質が破壊され痒みがとまるそう。ただし、ぬるい温度では逆効果なので注意!

薬を塗る

痒みをおさえる抗ヒスタミン剤配合のものと炎症をおさえるステロイド剤配合のものがあります。症状にあわせて使い分けましょう。

虫刺され痕を消すには

そのまま放置するのではなく、根気よくケアを続けることでシミにならず治すことができます。

肌の保湿を徹底する

ターンオーバーのサイクルを正常に整えるためには、保湿が欠かせません。
入浴や洗顔の後は、水分の蒸発とともに肌の水分もどんどん失われていってしまいます。なるべく時間を空けず、保湿力の高い化粧水や乳液で水分をしっかりと与えてあげましょう。

スクラブやピーリングをする

古い角質を除去し、肌のターンオーバーを促してあげましょう。ケアした後の肌はとてもデリケートなので、すぐに保湿をしてあげてください。

身体の中からケア

肌のターンオーバーを促進するために、ビタミンが豊富な野菜や果物、肌の再生に欠かせないたんぱく質などを摂りましょう。
あとは、睡眠をしっかりと取るなど、体内のリズムを整えることも必要です。

刺されないことがいちばん!

紫外線によってできるシミよりも虫に刺されてできるシミの方が消えやすいとされてはいますが、できてしまうとすぐには治らないもの。
せっかく、美肌になるために脱毛に通っていても、照射できない箇所があればもったいないですよね。

お肌をキレイに保つには、まずは虫にさされないこと。虫に刺されそうな場所へ行く時は、なるべく素肌を出さない服装を心がけることも大切。虫刺され痕を残さないためにも、蚊取り線香や虫よけスプレーなど虫を近づけない対策もお忘れなく!

脱毛中は日焼けだけでなく虫刺されにも注意が必要ですよ!!!

蚊取り線香

今なら、顔VIO含む全身67か所1回1500円が16回無料のキャンペーンを実施しています。
他店徹底対抗価格でキャンペーンはもちろん継続しても安い!と人気です。価格は安くても、世界最高品質の脱毛機で、ムラのない仕上がりで美肌効果もプラス!お肌のキメを整えます。http://esthetime.co.jp/campaign/wholebody/
ぜひこの機会にご利用ください!
まずは気軽にカウンセリングにお越しください♪