大阪・兵庫・京都・奈良の全身美肌スピード脱毛専門店エステタイム

脱毛後のアフターケアって?

脱毛後のアフターケアって?
脱毛には、色々な制約があります。制約を守らないと脱毛は肌にダメージを与えるからです。しかし、脱毛前だけでなく脱毛後も気をつけなければいけないことがたくさんあります。よく、脱毛後にアフターケアを指示されることがありますが、一体なにをすればいいのかわからないと思った人もいるのではないでしょうか。
そこで、脱毛後のアフターケアを紹介します。そして、脱毛後にやってはいけないNG行動も紹介していますので、これから脱毛をしようと思っている人は参考にしてみてください。

◆脱毛後の肌はとってもデリケート

現在、脱毛は光脱毛とレーザー脱毛の2種類が主流です。よくレーザー脱毛は出力が強いといわれていますが、脱毛後は光脱毛もレーザー脱毛もデリケートになっています。
これは、脱毛の機械が肌に熱を与えて脱毛を行っているからです。さほど炎症が出ていなくても、肌は軽くダメージを受けている状態になっています。

なので、脱毛が終わったからといってすぐに普段通りの生活ができるわけではありません。肌に赤みが出ている、肌がヒリヒリするなどの症状が出たときは、無理せずに安静にしましょう。また、これらの症状が出ていない場合でも無理はしないことが大切です。

皮膚に直接光やレーザーを当てているので、きちんとアフターケアをしておかないと、炎症や肌トラブルを招いてしまうからです。
また、直接肌とは関係していなくても、脱毛後の飲酒やサウナ、予防接種は避けるように指示されるはずです。特に飲酒やサウナなどは体を温めてしまうため、敏感になっている肌の炎症が長引いたり炎症を引き起こしたりしてしまう恐れがあります。予防接種も、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があるので、なるべく脱毛とはかぶらない日程に済ませておくようにしておきましょう。

普段のお風呂もなるべく避けるのがベストですが、何日もお風呂に入れないのは難しいでしょう。ですので、熱いお風呂は避けてぬるめのシャワーを浴びたり、入浴は避けたりといった工夫を行ってみてください。
肌をボディーソープで洗う際も、ゴシゴシと肌をこするのはよくありません。なるべく手のひらで優しく洗うようにして、肌を労わってあげましょう。
つまり、肌に熱を加えたり強い衝撃を与えるような行動はよくないということがわかりました。加えてなにかスポーツをやっている人も、脱毛の前後は避けたほうがいいでしょう。
肌によくなさそうだなと思ったのであれば、今後のことを考えて今は控えておいたほうがいいでしょう。

◆脱毛後にオススメのケア方法

脱毛後にオススメのケア
そう考えると、脱毛後はしっかりとアフターケアをしなければならないことがよくわかります。脱毛専門店では、アフターケア商品を揃えているところもあります。脱毛専門店で取り扱うアフターケア商品には、専門店ならではの理由と安心があります。
エステサロンの美容液を使用するメリットをまとめます。

  • 光過敏を引き起こさず、安全に光脱毛ができる
  • サロンが勧めているアフターケア商品は光脱毛と相性の良い成分のみを使用しているので、脱毛期間中に安心して使用することができます。
    市販の美容液の中には光を過度に吸収してしまう成分が入っていることもあり、オーバートリートメントといって肌に強いダメージを与えてしまう可能性もあります。

  • サロンならではの美白と保湿のホームケア商品で、光脱毛の脱毛効率をあげることができる
  • 光脱毛は「お肌の水分量が高いほど」「白く透明度の高い肌ほど」効果が高くなるので、脱毛期間中の保湿ケアと美白ケアはとても重要です。
    逆に肌水分量が低く、くすんだ肌だと光のダメージを受けてしまうので、脱毛後の肌ケアは必須です。

  • 脱毛しながら肌ケアできるので、脱毛後の素肌に自信が持てる
  • サロンならではの肌ケアを自宅でも継続することで脱毛しながら肌をキレイにすることができるので、脱毛完了と同時に素肌に自信がもてるようになります。

現在の肌水分量が高く白く透明度の高い肌状態なら、脱毛後の肌ダメージも少ないので身近にあるものや普段使っているものでも行うことができます。
まず、脱毛後の肌は軽くダメージを受けている状態です。なので、はじめにやるべきことは肌を冷やすことです。
保冷剤や冷水のシャワーなどを浴びてほてっている部分を冷やしましょう。もし、赤くなっていない場合でも一応冷やしておくことをおすすめします。次に、たっぷりの美容液やクリームなどを使って保湿ケアと美白ケアを行います。脱毛後の肌は、ダメージを受けているため、水分量が少なくなってしまっているからです。
特に、VIOラインなどはデリケートゾーンと呼ばれているほど、肌が敏感な部分でもあるため、しっかりと保湿を行う必要があります。
自分でもなかなか見ることがない部分なので抵抗感があるかもしれませんが、肌荒れを起こして医療費がかかってしまうことや、脱毛ができなくなってしまうことを考えると今保湿しておいたほうがいいことがわかります。

しかし、保湿が大切だからといって保湿を必要以上に行ってしまうのもよくありません。VIOラインは下着などがあるため、肌や足に比べてとても蒸れやすくなっています。蒸れてしまうと今度はかゆみなどのトラブルを引き起こしてしまうリスクが高くなってしまいます。特に生理前などは肌が敏感になっているので、そういったトラブルを引き起こしかねません。くれぐれも、VIOライン脱毛後のアフターケアーにはご注意ください。

また、肌を冷やしたり保湿をしたりしているのに、その状態が3日以上続いてしまった場合は一度医療機関で診てもらうことをおすすめします。大抵の場合、脱毛サロンや医療脱毛レーザーで脱毛した後の肌トラブルは3日で治まることが多いからです。
サロンによっては、ドクターと提携しているところもあるので、そういった場所を選ぶと安心できるでしょう。

◆これは駄目!脱毛後のNG行動

脱毛後のNG行動
脱毛後やってはいけないNG行動はいくつかあります。先ほどもいくつか例をあげましたが、おさらいしてみましょう。
まず、脱毛後の飲酒や入浴、予防接種などがNG行動でした。飲酒や入浴は体を温め、血行をよくする効果があるので脱毛後の敏感な肌には負担になってしまいます。炎症を長引かせたり、炎症を引き起こしたりしてしまうことがあるので、最低でも3日間は避けるようにしましょう。予防接種は、注射の副作用として肌に炎症が出てしまうことがあるので、大抵どのサロンでも禁止されています。しかし、予防接種は脱毛後だけでなく脱毛前でも避けるべき行動なので、脱毛とかぶらない日程にしておくのがベストでしょう。

このほかにも脱毛後のNG行動はいくつかあります。日焼けや毛抜きなどです。
脱毛後は肌の状態が普段よりも弱くなっているので、紫外線などにあたってしまうと炎症を起こしてしまう可能性があります。普段はあまり日焼けを気にしないという人でも、日焼け止めクリームなどを利用して日焼けから肌を守りましょう。
ちなみに、日焼けの原因である紫外線は夏というイメージが強いですが、それ以外の季節でも浴びているため、夏以外でもしっかりと日焼け止めを塗ることが大切です。特に、くもりの日は紫外線が強いため晴れていないから大丈夫だと思い込むのはよくありません。雲からの照り返しがあるため、ケースによっては快晴の日よりも紫外線が強くなっていることもあるようです。
脱毛の前後には日焼けをしないように、いつも以上に気を遣うようにしましょう。

もう一つのNG行動である毛抜きは、普段から肌にはよくないといわれている行動です。毛抜きをすると、肌はきれいになったように見えますが、無理やり抜いているので肌にはとてもダメージを与えてしまっています。
そのため、埋没毛と呼ばれるムダ毛が肌に埋まってしまうような症状を引き起こしてしまいます。自己処理の中でも避けるべきだといわれている毛抜きですが、脱毛後のNG行動だとされている理由は、毛周期が乱れてしまうことにあります。

毛周期とは、毛が生えてくる周期のことです。体に生えているムダ毛はそれが100%ではありません。現在、成長している毛や抜けようとしている毛もあるのです。
脱毛サロンや脱毛クリニックでは、毛周期に合わせて脱毛を行っているので毛周期が乱れてしまうと、十分な脱毛効果が得られにくくなってしまいます。せっかく高いお金を支払って脱毛をしているのに、全く意味がないのであればお金を無駄遣いしているのと同じです。
もし、ムダ毛が気になっても脱毛サロンへ通っている間は最低限毛抜きをしないように心がけましょう。